バナー

レーザー脱毛で痛みが生じるのはなぜ?

レーザー脱毛は医療機関で行われる一種の脱毛方法で、優れた脱毛効果と医療機関で行われることでの安全性の面での安心感などから人気となっています。

しかしそんなレーザー脱毛にも唯一デメリットが存在します。

それは施術時の痛みです。



レーザー脱毛の痛みはニードル脱毛施術時の痛みなどに比べれば弱いものですが、それでも部位によっては苦痛に感じるほどの痛みとなることもあります。

レーザー照射時に痛みが生じる理由は、レーザーでムダ毛がなくなるメカニズムにあります。

脱毛に使用されるレーザーは、ムダ毛のメラニンという黒い色素に対して作用し、毛根に熱によるダメージを与えて細胞を破壊してしまうことによって脱毛効果を発揮します。

毛根に熱が伝わる際には、一瞬その部分がやけどを負ったような状態となるためチクっした痛みを感じることになります。

メラニン色素は多ければ多いほどレーザーの反応が強くなりますので、脱毛作用が高くなりますが痛みも強くなります。



そのためしっかりとした太いムダ毛を処理する際は痛みが強くなり、産毛のような薄く細いムダ毛の処理時は痛みは弱くなります。
毛根にのみ作用して肌には作用が及ばないのは、日焼けをしていない日本人の通常の肌にはレーザーが作用するほど多くのメラニンが含まれていないためです。


しかし、VIOと呼ばれるデリケートゾーンに限っては他の部位に比べて黒っぽく、メラニンが多くなっているため肌へも作用が及んで痛みが生じてしまいます。

痛みがかなり強い場合は麻酔を使用することもできますので、不安であればカウンセリング時に医師や看護師に尋ねてみるとよいでしょう。